ハナ 19-007

ハナ 19-007

タイトルをクリックあるいはタップした先で画像を拡大することができます/ セージは多年草または低木に分類されているので越冬してとうぜんなのだが、昨年の夏かなり弱り、冬を越した春には見る影もなくなっていたので煩わしいほど茂るとは思いもよらなかった。今年になるまでなぜか撮影する気になれなかったが、いやらしい雑草然とした様子を見ていたら時来たりと感じたのだ。

ハナ 19-006

ハナ 19-006

タイトルをクリックあるいはタップした先で画像を拡大することができます/ 夏が終わると感じる瞬間がある。ここに秋とも言えぬ、名づけ得ぬ季節がある。今まさに夏ではないものを見ている

ハナ 19-005

ハナ 19-005

タイトルをクリックあるいはタップした先で画像を拡大することができます /小さな花とガラスの瓶そして水。酷暑の夏にコンクリートの割れ目から芽生え、咲いた花。