海景 20-041 赤い水 (Coloured rock pool water)

(画像はクリックあるいはタップすると拡大されます)

何年間も訪れることがなかった岩礁へ行ってみると、ふるびた灯台が撤去され、撤去されるとき重機が入ったかして自然が整理されたような風情になっていた。釣り人さえいない磯で月面をたった一人で歩いているような、もう二度とどこへも戻れないような気分になった。そこに錆びとも油とも見える赤い水が鏡のように朝の光を反射していた。

大波が打ち上げたドラム缶にはSINOPECと書かれたラベルが貼られ、船舶用ピストンエンジンのモーターオイル200Lが内容物とわかった。塗装が剥げ錆びだらけになるのにいったい何年間洋上を漂っていたのか。私が思うより、こうしたものは海の塩に弱いのか。いずれにしても事故で沈没した船のものでないなら投棄されたのだろう。

複雑で煩わしい凹凸をみせる岩と色のない曇天の間にある潮溜まりの赤い水に、私は人恋しさのようなもの、人の気配への安堵を覚えた。人がやった悪さの結果が赤い水なのは百も承知だし、これはゴミであり汚染にすぎない。しかし私は、赤い水に見惚れ立ち尽くした。

(城ヶ島 南岸)

海景 20-041 赤い水 (Coloured rock pool water)

© Fumihiro Kato / Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

A3(近似)額装なし。A4等他のサイズにも対応いたします。 詳細ORIGINAL PRINT🔗をご覧ください。

A3(近似)額装なし。A4等他のサイズにも対応いたします。 詳細ORIGINAL PRINT🔗をご覧ください。

額装海景 20-041 赤い水 (Coloured rock pool water)

作品への質問や購入に関してのご相談などはこちらへ。

価格はお問い合わせください。

    お選びください (必須)

    加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato 写真家・作家 / Photographer Author ・北海道北見市生まれ。 ・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。 ・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。 ・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他) ・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。 ・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。 ・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。 ・獅子文六研究。 ・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。 ・各メディアにおけるスチル撮影。 ・オリジナルプリントの製作、販売。 ・JSAHP正会員
    投稿を作成しました 273

    関連する投稿

    検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

    トップに戻る