Fumi-Hiro Kato "HIRO K"/ 11月 26, 2016/ 葬送

冬になった。鳥たちが庭に帰ってきた。帰ってきたばかりだというのに一羽が息絶えていた。凍える夜を耐えるかのように身を丸くして。硬く目を閉じて。メジロだ。葬るため手に取り、羽毛の柔らかさに私の指が驚いた。生命の柔らかさが、死に絶えたあとも残っていることに私は驚いた。その美しい羽は二度と風を切ることはない。もう何ものにも煩わされることはなく、怯える必要もない。静かに眠り、土へ還れ。新たな生命として生まれ変わるまで。

Fumihiro Kato.  © 2016 –

2016_21982_3_4

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Atelier site.
logoatelier